連載「僕の知事選、奮闘記」 〜敗軍の将、兵を語る〜

連載No.09 魔がさして「東大をめざします!」 2013/0731

 好事魔多し、である。年度の最後に全校マラソン大会があった。学校の外のアスファルトの一般道路を10km走る。サッカー部の1年生は50位以内に入らないといけない。50位以内なら楽勝だ、と思った。上位10名のうち、半分はサッカー部だった。(中村君は常に上位3位以内だった。)ところが、筆者は扁平足で、土のグランドでの練習は大丈夫だったが、固いアスファルト道路はだめだった。マラソンで右足裏の内側が腱鞘炎になり、練習を休むはめになった。

 焦った。完治しないうちに練習に参加し、反対側の左足の内側が腱鞘炎になり、練習ができなくなった。更に焦った。このままでは2年生のうちに仲間に追いつけない。3年生でレギュラー、とは行かないまでも、せめて補欠でベンチには入りたい。そして、また完治しないうちに練習再開。今度は右足の外側が腱鞘炎に。そんな事を繰り返し、腰まで痛めてしまった。2年生の時は1年のうちの半分以上、ボールが蹴れなかった。観念した。サッカーで頂上は目指せない、と。いつものように。決断は早かった。監督の長池先生に退部届けを出しにいったのは、2年生の終わり頃だった。

 長池先生は快く受理してくれたが、「で、何をやるの?」と。言外に「藤枝東のサッカーで全国制覇を目指すという大きな目標に替わる“何か”」を求めていた。「はい、東大の文Ⅰを目指します!」「何?そうか、分かった。頑張れ!」。

 言った瞬間、まずい!と思った。」魔が指した一瞬だった。事前に考えていたわけではない。口が滑ったのだ。「藤枝東高校のサッカー部にいた者が、あろうことか東大の、しかも文Ⅰを目指す」というニュースは翌日には校内を駆け巡った。「広瀬らしいな。頑張れ!」と何人の友人から言われたことか。(「無鉄砲にも程がある」と何人の友人が思ったことか。)もう、後には引けない。人生2度目の無謀な挑戦が始まった。

 幸いにして、一郎、ではなく一浪して無謀な挑戦の勝者となることができた。(「二浪までは許して欲しい。ダメだったら大学進学を諦め、六代目円生か、5代目小さんに弟子入りして、落語家を目指す」と両親に話して、了承を得ていた。)勝因の第一は、子供のころからの読書の蓄積。第二は、サッカー部の練習で培った「集中力」であったと思う。(集中の持続力は浪人開始時に3分弱だったが、一年後には10倍以上まで伸びた。集中力もトレーニングで伸ばすことが可能だ。)

 

この記事へのコメント

Leave a Reply

日時: 2013.07.31|