連載「僕の知事選、奮闘記」 〜敗軍の将、兵を語る〜

連載No19 環境問題(Conservation International) 2013/0810

2002年のwカップが日韓共同開催に決し、ミッションが終了した私は電通に帰った。2002年の大会運営に携わりたいとは全く思わなかった。当時は「FIFAに裏切られた」という思いが強く、むしろ二度とサッカー界とは関わりたくない、という思いが強かった。何しろ、自分の人生を日本開催に賭けていたのだ。「2002年のWカップの招致と開催」を通じて、「21世紀に対応する新しい国の形を模索し、そのための新たな試みにトライする」という野望は、「日韓共同開催」という予想もしなかった結果と供に費えた。「共同開催」のためのコストとエネルギー、そして時間は、日本単独開催を前提にした試みを許さないのだ。私にとっての人生3度目の無謀な試みは、あえなく霧散した。そして、スポーツと縁を切ることを決意した。

スポーツから抜けたのはいいが、次に戦う場が定まっていなかった。そして、「環境問題」に大きな可能性を見いだした。前述したように、Wカップ開催を通した「21世紀の国のあり方」を考えていた際、「環境」問題はその中の大きな要素の一つだと認識し、多少の勉強はしていた。

日本語では「環境」は一つの単語だが、英語では「エコロジー/ Ecology」「エンバイロメント/Environment」そして「エネルギー/Energy」の3つの領域に分けることができる。中でも「エネルギー」に大変興味を持った。調べて行くうちにあるコトに気がついた。「環境問題」は国境を越えた問題であり、従って極めて国際的な政治問題であり、当然ながら米国の影響が大きい。

89年にベルリンの壁が崩壊し、ソ連は消滅した。ここから世界の様相が一変し、既に21世紀的な社会に突入したと考えるべきだ。フランシス福山は、これを「歴史の終わり」であると主張したが、むしろ「20世紀の終わり」だと考えるべきだ。というのも、20世紀は「近代(モダン)」が世界化した世紀であって、「近代国家(=国民国家)」を基礎単位とした進歩、拡張が中心だった。その結果が2度の世界大戦であり、東西冷戦だった。21世紀は「国家/国境」を越えた問題が噴出して始まった。

「環境問題」は「金融問題」と同様に超国家的な問題であり、脱欧米問題としての「文明の衝突(beハンチントン)」、あるいは「アジア・アフリカ問題」などと同様に、極めて21世紀的(あるいはポストモダン)な問題だ。そして、環境問題の政治的な側面は、どうも未だにワシントンで決定されていたようなのだ。(「ワシントン・コンセンサス」の一つだと言えよう。)例えば「二酸化炭素の排出権取引」。これが地球温暖化を止める有効な方法かどうか、私には判断する能力がない。が、如何にもうさん臭い匂いがする。「環境問題」と「金融問題」という最も21世紀的な問題同士をくっつける、という安易さを感じるではないか?

電通内でスポーツから移った配属先で環境問題に関与し始め、「メルセデス・ベンツに乗るということ」というベストセラーの著者である金谷さんと知りあった。彼は今でも環境問題に関しては私の先生だ。「メタンハイドレード」「燃料電池」などは、全て彼から教わった。(金谷氏は、現在、安倍清韓の「国土強靭化計画」に深く関わっている。)金谷さんから「Conservation International(CI)」という米国の環境NGOの日本の代表者、福岡女史を紹介された。この団体はオモシロイ。

21世紀になって「グリーン革命」という本がベストセラーになった。20世紀末から、「環境問題」が国家や都市や産業の形をどのように変えつつあるか、ということを具体的な事例をあげて論じている好著だ。この本の下巻の冒頭で、著者のフリードマンの先生として紹介されているのが、CIのCEOであるグレン・プリケット氏だ。CEOという肩書きで、ビジネス的な匂いを感じるだろうが、CIは将にビジネス的に環境問題に取り組み大成功している団体だ。先の3つのEで言うと、「生物多様性」(Bio-Diversity)を標榜しているので、基本的には「Ecology」が専門だ。私はエネルギー問題を指向していたが、「ビジネスで」という取り組み方には、大変に共感を覚えた。そこで、福岡さんに私を「CIにインターンシップ」で迎えてくれるように仲介をお願いした。

この記事へのコメント

Leave a Reply

日時: 2013.08.11|