連載「僕の知事選、奮闘記」 〜敗軍の将、兵を語る〜

連載No24 経済産業研究所(RIETI)に入る 2013/0816

 スポナビをヤフーに譲渡して、職も収入も失ったが、身軽になり、さてこれから何を?と考えていた矢先、さる友人から「経済産業研究所(RIETI)の青木所長と会いませんか?」と声がかかった。ヒマはいくらでも遭ったし、当面は「色々な人と会う」ことが仕事だと考えていた。青木先生と言えば、日本を代表する経済学者で、しかも文章の美味さには定評がある。こちらからお願いしても会いたい方の一人だった。

 RIETIは経済産業省の外郭のシンクタンクだ。経産省と同じ建物の中にある。お尋ねしたところ、「あなたはこれから何をしたいの?」と質問された。結局スポーツに戻ったが、電通時代とスポナビ時代を通じて、「日本のスポーツ産業の課題」が見えてきた。一言で言えば、「ビジネス化が未成熟」なのだ。それは、我が国で長く「体育=スポーツ」と誤解されていたコトに起因する。

 体育は基本的に学校の教育カリキュラムだから、。ビジネス化には馴染まない。また、日本のスポーツ界で長く信奉されていた「アマチュアリズム」は。「ビジネス化」を否定するものだ。ところが、私がスポーツ部門に配属された84年のロス五輪で、「五輪の事業化」が開始された。スポーツは立派なビジネスになり得ることを、アマチュアの総本山である五輪で証明したのだ。(五輪への出場資格としての「アマチュア規定」は、既に74年にはIOC憲章から削除されていた。)そして「スポーツマーケティング」なる言葉が一般的になっていった。(私が「スポーツマーケティング」という本を上梓したのは、Jリーグが開始された翌年の94年。恐らく世界初の「スポーツマーケティング」本だ。)

 日本のスポーツビジネスを進めるためには、「人材育成」と「ノウハウの形式知化」が不可欠だ。また、「市場の確立と発展」を図るためには、「スポーツ産業」の定義と、「市場規模の測定」が必要だ。「これらをやりたい」と考えている、と言ったら「じゃ、うちでやりなさい」。こうして、RIETIの上級フェローとして研究所への入所が決まった。

 RIETIには1年半お世話になった。その間の最大の成果は「Jリーグのマネジメント」(東洋経済新報社)の上梓であろう。これは前述した、「ノウハウの形式知化」の一環だ。88年に「プロサッカーリーグ創立」に向けた動きが開始され、93年にそれが実現するまでの作業経緯を整理した。「Jリーグという制度設計」は、将に「ビジネスの戦略的な制度設計」のお手本のようなプロジェクトだった。これに加担したライバルの博報堂も含めた動きを、電通のサッカー担当だった私は指をくわえ、観客席から眺めているしかなかった。「本来は、自分がプレーヤーとしてあの場にいるべきだった」という忸怩たる思いがあった。この間の事情は別途話す機会もあるだろうが、今はやめておく。問題は、成功にせよ、失敗にせよ、日本人は「過ぎたことを振り返るコトを嫌う」点にある。経験を形式知化することが、圧倒的にアメリカに劣る。だからMBAを取得するために、多くの日本人がアメリカに留学する。「振り返る」コトは、「責任の所在を明らかにする」コトにつながる。曖昧を愛する我が国民が振り返らない理由がこれだ。

 これは見方を変えると、実にもったいない。人は経験から学ぶのが一番効率的で効果的だからだ。ただし、「学び方」がある。経験をまずは「構造化」するところから始めるべきだ。「構造」とは「要素」と「「(要素間の)関係」のことだ。「構造分析」すると、「構造的」な要素と「非構造的」な要素に分けることができる。構造的なものを学ぶと、その学びには汎用性がある。つまり形式知化された「使える」ノウハウになる。「Jリーグのマネジメント」は、「Jリーグの制度設計」を徹底的に構造分析した。そして、「ビジネス戦略」と「制度設計」の構造を明らかにして、「リーグ創立の成功」要因と、その因果関係を整理した。足かけ5年の「制度設計作業」における「会議の議事録」を預かり、資料を整理し、構造的な整理を行った。議事録を読むのに半年ほどかけただろうか?珍しく、根気が続いたのも、前述した「忸怩たる思い」に支えられたのだと思う。

RIETIでの研究成果を本にまとめたのが「Jリーグのマネジメント」だ。(この本は、編集担当者の予想を裏切って第7版まで増刷りとなった。と言っても、2万部にも達していないので、ベストセラーとは言いがたいが、ギョーカイの常識ハズレであったことは間違いない。本の雑誌では、この年の「サッカー本ベスト1」と評価された。家門の誉れだ。

 

この記事へのコメント

Leave a Reply

日時: 2013.08.16|