連載「僕の知事選、奮闘記」 〜敗軍の将、兵を語る〜

連載No38 日本茶の「世界ブランド化」戦略 2013/0831

 来年2014年には親日国として名高いブラジルで、サッカーのWカップが開催される。ここもお茶の国際的なプロモーションの場として有望だ。現在ブラジルでも和食がブームだ。リオとサンパウロという2大都市における高級和食店で、前述した「寿司とのカップリング」で供するサービスを試みる絶好の機会ではないだろうか。「沸騰したお湯を陶器の湯冷ましで適温まで冷まし、急須に入れて茶器に注ぎ、漆の盆に載せて、着物を着た女性が客席まで運ぶ」。これらの一連の作業・動作は外人からすると一つの文化的なショーだ。Wカップの最中は世界から人が集まる。特に出場国を始めとした各国からメディアが集まるので、実に効率的な国際プロモーションとなるだろう。(特にリオは2016年のオリンピック開催を視野に入れると、世界プロモーション戦略上、重要な都市だ。)

 これらのアイデアを実行する上で、県として着手すべきは「情報の整理」。お茶以外の農産物や、駿河湾の海産物、あるいは林業による製品など、第一次産業の産品は情報化が遅れている分野だ。(お茶の「情報化戦略」は、その他の農産物や海産物にも汎用性があるはずだ。)

 そこで、第一に「地域別」「商品別」にアクセス可能なデータベースを作成する。次に、それらの情報を発信するために、統一されたデザインフォーマットで県のホームページに載せる。デザインには拘りたい。英語は言うに及ばず、市場を考慮すれば、「中国語」「韓国語」「スペイン語」の表記を備えるべきだろう。

 また、それぞれの商品に関する物語を一緒に載せると一層効果的だ。簡単に言えば、インターネット上に「静岡県産モノの雑誌」を構築する。印刷されたものと違うのは、「今年の出来具合」などの情報が常に更新されるコト。また、その産品が買いたい場合、ワンクリックで注文できる仕組みも欲しい。「やはり、地域の産品はその地域で買いたい」という方もいるだろう。その場合は、購入できる場所とその周辺の宿泊案内や、近隣の名所・旧跡の情報が簡単にアクセスできるようにする。

 生産者の声を載せることで、カリスマ生産者が生まれるだろう。彼らに会うことも、来日のモチベーションを高めるはずだ。これらの情報を整理するためには、インターネットの専門家や雑誌の編集者、あるいは旅行業者なども入れたプロジェクトチームを組織するといいだろう。専門家の力は、絶対に必要だ。素人がやると、一見同じようなものに見えても、必ず失敗する。こういうところにはちゃんとした戦略と投資が必要なのだ。

この記事へのコメント

Leave a Reply

日時: 2013.08.31|