連載「僕の知事選、奮闘記」 〜敗軍の将、兵を語る〜

連載No.49 「コッホ先生と僕らの革命」 2013/0916

 2012年の秋に公開された「コッホ先生と僕らの革命」という映画がある。実在のドイツサッカー協会創立者の物語だ。19世紀末に英国のケンブリッジ大学に留学し、ドイツ初の英語教師として祖国に帰ってきたコッホ先生が、英語の習得に有効だと考えて生徒にサッカーを教える。当時、プロシアの流れを組むドイツにおいて、学校では「体育」が教えられていた。これは明らかに軍事教練だった。これまでは「体育」という軍事教練で、先生(上官)に絶対服従していた生徒達が、サッカーというスポーツを通じて「覚醒」する。「命令に絶対服従」という従来の態度を変えることになり、父兄を戸惑わせる。少年達の精神的な向上が明らかになり、周囲を最終的に納得させる、という物語である。「スポーツ」と「体育」の対照がオモシロイ。厳格な父親に命令された息子が、父親に対して「なぜ?」と質問する。父親はすっかり戸惑い、怒り狂う。実に象徴的な場面だ。スポーツでは「なぜ?」について納得することが何より重要だ。「なぜ、ルールを守るのか?」「なぜ、審判を尊重すべきか?」この問いに答えずに、無闇矢鱈に「尊重せよ」と強制するのは、自己矛盾以外の何ものでもない。それは「尊重」の対局にある対応だ。

 中央官僚に優秀な人材を登用し、強力な中央集権国家を作りあげつつあった当時のドイツと英国とは、お互いに一番の仮想敵国だった。実際に第一次世界大戦はその対立軸が解消しなかったために始まった。1860年代の英国では、その仮想敵国のドイツの教育には、かなりの対抗意識を持っていた。当時のビクトリア女王がクラレンドン伯爵に命じた「パブリック・スクールの実態調査」は、3年をかけた後に議会で報告された。その調査結果が今も残っている。その中には、「我が国のパブリック・スクールにおいて、身体強化は、“大陸と違って”強制されたものではなく、生徒が自主的に行うスポーツでなされている」という一節がある。ここで言及されている「大陸」がドイツであることは明らかだ。ここでは、「ドイツでは体育だが、英国ではスポーツだ」と誇りを持って報告されているのだ。

 実は、初代文部大臣の森有礼はクラレンドン報告がなされたまさにその頃、英国に外交官として派遣されており、間違いなくこの報告を知っていた。欧州視察中の伊藤博文に会い、翌年の日本初の内閣に入閣を要請された。(森が売りこんなという説もある。)まだ若干37歳で最年少で入閣した森は英国のスポーツ教育を知っていたが、明治の日本にはむしろドイツ型の「体育」が有効だ、と判断したと思われる。当時の森の判断は間違っていないと思う。ただし、それは飽くまで「国民国家」樹立期の日本が、帝国主義の世界で生き残ることを至上命題としていたからだ。森は「体育」で「勤勉な国民」と「優秀な兵士」の両方を育成しようと考えていたはずだ。当時の日本内外の条件は、今日のそれとは全く違ったものだった。従って、教育の目的も異なっていて当然だ。問題は、「現在」だ。条件が全く異なっているのに、学校では未だに「富国強兵」の時代と本質的には変らない「体育」を実施し続けている。それが問題なのだ。

 以上は決して「体育」を否定した議論ではない。歴史的には正しかったが、今日ではそのままでは通用しない、と言っているのだ。小学校の低学年までは、基本的に「体育」中心でいいのかもしれない。ただし、体育の指導者はスポーツを正しく理解している必要がある。10歳を過ぎてもまだ「体育」では情けない。「覚醒」を促すスポーツにシフトすべきだろう。10歳というのは、脳の中の前頭葉の細胞数が確定筋期で、その後10〜12年で前頭葉の機能/能力が決まってしまう。前頭葉は、「対人関係」や「価値観」などを司る。他の哺乳類にはない「第3の脳」だ。右脳と左脳という第1と第2の脳は、「本能」を司っているので、人間が生物の本能から逸脱する複雑な行動をとるのは、基本的には前頭葉が存在するからだ、と考えられている。大学を卒業してからでは、人格の形成はほぼ不可能なのだ。(注:「鉄は熱いうちに鍛えよ!」)

 

この記事へのコメント

Leave a Reply

日時: 2013.09.16|