連載「僕の知事選、奮闘記」 〜敗軍の将、兵を語る〜

連載No.54 「エコ・シェルター・スタジアム」構想 2013/0925

  災害時に「命を守る」ための避難場所(シェルター)に必要な機能は何だろうか?第一に津波でも流されない、地震でも倒れない「頑丈で巨大な建造物」が必要だ。構造的には土台が広い円錐形が望ましい。第二に必要なのは、屋根。第三には、「独立した電源」が必要だ。第四に、「調理(ケータリング)機能」。第五に物資が備蓄できる倉庫。第六に、ヘリコプターが発着できる「ヘリポート」のための空間。(東日本大震災の例で分かるように、道路網は寸断され、海路も船が岸に付けなくなる。物資の輸送は、ヘリコプターに頼るしかない。)

 以上の機能を一つの図に描くと、どうなるだろうか。「ヘリポート」の空間、「縦150m×横100m前後」をまず確保する。次にその空間を囲んだ建造物を考える。下が広く、上に行くに従って狭くなる。四辺を囲んで、「ケータリング」「倉庫」「避難部屋」などを備えた建物を配す。建物の屋根の上には太陽光発電パネルを置き、独自電源を確保する。同時に地下に巨大な「燃料電池」を置くと、「独自電源」とともに、「水の確保」もできるだろう。(前述したように、燃料電池は、「水素と酸素を合体させ電気を発生させる」のだが、その際に「熱」が発生し、「水」ができる。)

 これだけの施設には、土地代を別にしても、数百億円の施設整備費用がかかるはずだ。命を守るためには仕方が無いコストかもしれないが、「百年に一度」の災害に備えると同時に、残りの99年間の活用方法はないだろうか?ここで私が提案したいのが「スタジアム」だ。

 災害時のヘリポートは、普段は芝生を植えるとサッカーができる。(芝生はヘリコプターの発着にとって支障にはならないはずだ。)食料を備蓄するスペースは、室内練習場として活用する。選手がゲーム前のウオーミングアップに使うために必要な空間だが、いざと言う時に運びこまれた物資の備蓄場所にすればよい。選手達が普段使うシャワールームは避難された方々にとっても嬉しい施設だろう。「水の確保」という点では、「飲料水」だけでなくトイレ回りなどの「生活用水」の確保も重要になる。スタジアム内に室内プールを作ることも検討の余地がある。「燃料電池」から出る「水」と「熱」は、ここでも大いに活用できるはずだ。

 ゲーム時の食事提供のためには調理施設が不可欠だ。会議室だけではなく、廊下及びコンコース等のスペースは避難場所にするために、最低限屋根が必要だ。そして最後に建造物からヘリポートの空間に向けて斜面を作り、階段状にすればそれが観客席になる。(ロンドンの人気チームチェルシーのホーム「スタンフォードブリッジ」は、ホテルの壁面からピッチに向けて斜面を作り、観客席にしている。)これで100年のうち99年はプロのゲームにも対応できる立派なスタジアムが完成する。

この記事へのコメント

Leave a Reply

日時: 2013.09.25|