連載「僕の知事選、奮闘記」 〜敗軍の将、兵を語る〜

連載No.57 「マニュアル」整備と「自衛隊・警察との協力関係」促進 2013/0930

「危機管理マニュアル」と「危機対応訓練」は不可欠だ。

 「マニュアル」作りには、作る過程で「危機感を共有する」という副次的な利点がある。「東北大震災で起きたこと」「施設によって防げた問題」「被害を大きくした制度の不備」「訓練によって、防げた被害」などの整理と、そこからマニュアルを整備することが肝要かつ有効だ。(もっとも、これは静岡県に限ったことではない。ここでの教訓を活かさなければ、震災で無くなった人達が浮かばれないだろう。)

 特に、災害時に力を発揮する「警察」「消防」「自衛隊」との連携は重要だ。神戸大震災の際、自衛隊への出動要請を躊躇して災害を大きくした首長がいたが、こういった事態は避けたいし、避けられる。また、東北大震災では、自衛隊による臨時の道路敷設を自治体が許可しなかった地区があった。「地権者の許可を得ていない」ことが許可しない理由であった。実に馬鹿げている。これを聞いたアメリカ軍が、「バカバカしい」と一蹴に付して臨時の道路敷設を行った。正しい判断だった。「危機に対応する」事を前提にした軍隊という組織と、「危機に対応する事が苦手」な官僚組織の対応の差が如実に現れた例だ。

 「安全を目指す」ことが、「危機はないものとする」という意識につながりやすいのは東京電力の例で明らかだ。(「問題は無いものとする」という対応は、心理学的には最も幼稚な「逃避機制」と呼ばれるものだ。)実はトップマネジメントの重要な機能は、極言すれば「リスク・マネジメント(危機管理)」になる。あらゆる組織は、生まれた直後から必ず自己目的化する。これは普遍的な原理で例外はない。何か課題があり、その課題を解決するために組織を作る。しかし、一旦組織ができあがると、組織内には組織自体を維持しようという論理が生ずる。この時に「組織としてのリスク(危機)」が生ずる。例外は無い。組織としてのリスクに対応するのがトップマネジメントの重要な機能になる。これも例外は無い。であれば、県知事が県庁と関連組織のリスクに責任を果たすのは当然の機能だ。まずは、「リスク対応」への意識を常に醸成しておく事が必要になる。ドラッカーは、「組織内に組織を否定する意識を常に醸成しておくこと」をマネジメントの重要な機能としてあげている。実学指向のドラッカーらしい有益な指摘だと思う。

この記事へのコメント

Leave a Reply

日時: 2013.09.30|