連載「僕の知事選、奮闘記」 〜敗軍の将、兵を語る〜

連載No.52 尊重とエンパシー 2013/0920

 「スポーツ授業」を小学校段階で開始するのには根拠がある。「異者と折り合う」ために必要な能力は、どうも前頭葉にあることが脳生理学的に証明されている。この「哺乳類の中でも人間にしか無い脳」は、大体10歳で細胞の数が決まる。11歳以降は増えない。そして、それからの10年間で機能が決まる。30歳から「人付き合い」が良くなる人は、脳生理学的にはあり得ないのだ。

 「異者と折り合う能力」は、国際的にも重要度が増している。2001年にOECDの教育指針の変更があり、21世紀に必要な能力として「エンパシー」が挙げられ、有名なPISAというOECDの学習到達度調査でも触れられている。「シンパシー」は日本語では「共感」だ。これは同調による共感なのだが、「エンパシー」は「同調できない」他者、つまり「異者」に対する共感のことだ。これには「9.11」の同時多発テロが大きな影響を与えている。「イスラム対キリスト教」の対立が背景にある。

 東西冷戦構造がなくなり、「資本主義対社会主義」というイデオロギーの対立が無くなった後に、「文明の対立」(byハンチントン)がそれに変って主要な紛争の種になっている。「アラブ分明vs西欧文明」は最終的には分かり合えない。なぜなら原理的な対立だからだ。どこまで行っても、お互いに相容れない同士だろう。しかし、それを武力対立にしない方法が求められている。「異者」との共存が図られなければ、国際社会はいつまでも不安定なままだ。そこで注目されたのが、「分かり合えない者同士が共感しあう能力」としてのエンパシーである。「言う事には賛成しかねるが、なぜそういう意見を持ったかは理解できる」はずだ。

 根本は、立場が違うもの同士が尊重し合えるか、である。立場が違えば意見が異なるのは当たり前だ。その立場の違いを理解しあうのが、スポーツの根本原理、スポーツマンシップに他ならない。「スポーツが成立するための不可欠な要素、「相手」「審判」「ルール」の3つを尊重せよ。」この原理がなぜ成立するか。それはスポーツがプレー(Play)されるものだからだ。プレーとは遊びである。遊びは「楽しくなければやる価値がない」「遊びたい人達」が集まって、「楽しく遊ぶための決め事を定め、「ルール」とした。「ルール」も「審判」も、そして「相手」も、でおれ一つでも欠いたら、楽しく遊べないのだ。これが分かれば、ルールを破ったり、ごまかしたりすることが如何に無意味であるか、が理解できよう。この原理を5年生の最初の授業で説明しておくのだ。

 スポーツマンシップの正しい理解が一般的に広まれば「体罰」も無くなる。大阪の桜の宮高校で自殺したバスケット部の主将には、逃げ場が無かったのだろうと思う。部活動にも、学校生活にも、対外試合でも、家庭にも、どこにも「スポーツ」が無く、逃げる場所が無かったのだろう。スポーツには「敵」はおらず、「相手」への尊重がスポーツでは一番大事なんだよ。「楽しくなければスポーツとは呼べないのだよ、と誰かが教えておけばなあ、と悔やまれる。実は、私の元に大阪市の教育委員会と、東京都の教育委員会からの両方から接触があったことを報告しておこう。いずれも2013年の3月だった。「知事選出馬」によって、東京都の委員就任は辞退せざるを得なかったが、静岡県で「スポーツマンシップ教育」を実施し、教育モデル県にするという意図があったのである。

 

日時: 2013.09.20|

連載No.51 NPO法人「スポーツマンシップ指導者育成会」 2013/0918

 スポーツの原理の中心に、「尊重(リスペクト/Respect)とい精神的な態度がある。リスペクトとは、「異者の価値を理解し、違いを許容する」コトだ。異者とは自分と意見が異なった者のことだ。自分と意見を同じくするものを許容するのは難しくないが、異なる者と折り合うことは容易くない。社会とは「異者」の集団だ。「同質者の集団」である「共同体」とは、そこが本質的に異なる。共同体の論理は、「人は皆一緒」だが、社会では「人は皆、それぞれが違う」。近代になり、特に産業革命後、生産力が急激に向上し、交通の発達も伴って、「ヒトとモノ」の動く量と早さが急増した。都市には「異者」の集団ができ、それらが集合して社会が形成された。「社会」が法的な制度となったものが「国民国家」に他ならない。社会という「異者」の集団を近代国家は「国民」という概念で統一した。(「国民国家とナショナリズム」の関係については、Bアンダーソンの「想像の共同体」、ゲルナーの「民族とナショナリズム」、Eボブズボームの「ナショナリズムの歴史と現在」などがおススメだ。)

 未だに「共同体の論理」が社会の主流となっている日本は、大きなリスクを抱えているままなのだ。そしてそのリスクに備えるために「どれだけ人材教育が必要か」、そして「スポーツマンシップ教育が、どれほど有効か」が、多少はお分かり頂けたのではないだろうか。

ではどうするか。具体的には、小学校の5年生から「体育」という授業名を「スポーツ」に変更する。そして、5年生の最初の授業で「スポーツと体育の違い」を教える。10歳くらいになると、この両者の原理的な違いを理解させることは可能だ。実際、私は小学校5年生に「スポーツマンシップ授業」を実施している。(この録画はスポーツ総合研究所のHP内に公開されている。)

 また、私は、「知事立候補の打診」を3月初旬に受ける3ヶ月前、2012年の12月に、「スポーツマンシップ指導者育成会」というNPOを立ち上げてた。これは読んで字のごとく、「スポーツを通じてスポーツマンシップを教える指導者を育成する」コトを目的に作ったNPOだ。申請から認可まで10ヶ月を要した。東北大震災の後に「人災」という言葉が踊ったが、誰もそれに対応しないで時が過ぎていくことに危機感を抱き、翌年の初頭に自らのリスクで動く決意を固めて創立を決意した。5年をメドに47都道府県全てに指導員を育成して、そこを中心に普及する、言わば「家元制度」をイメージしていた。また資格付与の団体として、「漢字検定」のようなシステムもイメージしていた。ちなみに漢字検定は公式な資格ではない。「知事選出馬」の打診は、そういう点からも筆者が受ける絶好のタイミングだった。これが無ければ受けたかどうか…。

日時: 2013.09.18|

連載No.50 「空気」の研究 2013/0917

 今日の日本は「国民国家」となってから100年以上を経過し、国民という概念は既に一般化している。別に体育で仮想敵と戦う訓練を通して「ナショナリズム」を植え付ける必要などない。第二次世界大戦後、国際社会は原則的に不戦主義になっている。こんな中で、日本ではまだ「兵士の養成」を原理とした「体育」が義務教育に残ってしまっている。(今回の東京五輪開催に水を差すつもりはないが、そういうスポーツの基本的な原理が21世紀になっても教えられていない国で開催していいのだろうか?この機に早急に改善すべきだと思う。)そして、この矛盾が、学校教育の問題に留まらず、社会全体のリスクを増す「人災」が起きる基礎になっている。これが私の分析であり、「人材教育」を政策の核に入れた根拠だ。

 古くは山本七平が名著「空気の研究」で指摘した抑圧的な「空気」の問題でもある。第二次世界大戦後、極東軍事裁判で連合軍の検事が戦犯の調書を取ろうとした。すると全員が異口同音に、「私個人としては米国と一戦交えるコトに反対であった」と回答した。では、なぜ開戦に至ったのか?やはり、全員が「しかしながら当時の空気が・・・」と答えたのだ。まさに「空気」という「同調への抑圧」が存在していたのだ。日本人ならこのやり取りには苦笑いしながらも理解はできるだろう。今でも別に珍しくもない光景だ。しかし、当時の連合国の検事はほぼ全員が西欧文化で育った人だったから、「空気」が「大臣」や「総理」や、さらには「天皇」をも越えた存在であることに衝撃を受けた。「主権者は空気か?」と。

 もう一つ、笑えない事実がある。戦争末期に、連合国側が「ポツダム宣言の受諾」を迫った際、米内内閣は、「国体の護持」を条件に受諾すると伝えた。この「国体」は、組織でも無ければ、まして天皇制のことでもない。連合国側は「国体」の意味が分からないまま徒に時が流れ、ついにエノラゲイによって広島に人類初の原爆が投下された。その報を聞いた米内光政は。親しい部下の前で「良かった。これでやっと降伏というコトが討議できる」と、思わず正直に心情を吐露したらしい。本当だとしたら、ヒドイ話ではないか。が、日本人なら「どうも本当に違いない」と思うだろう。(アメリカ人なら「クレイジー!」だと思うに違いない。)

 これらのエピソードは、「人災」に共通する問題点を示している。「人災」とは、非常時における「リーダーシップの欠如」から起きる、という点だ。これを解消するには、スポーツを通じて「スポーツマンシップ」を学ばせ、「リーダーシップ」を全員に習得させるしかない。「リーダーシップ」はリーダーだけが理解していればいいものではない。リーダーシップはフォロワー達によって決まるからだ。リーダー以外のメンバーが「リーダーシップ」を理解しない限り、「リーダーシップ」は発揮できない。「メンバーによる足の引っ張り合い」でつぶされるリーダーが、我が国には何と多いことか!これがリーダーシップ教育の不在から来ているのは明らかだ。「スポーツマンシップの普及」とは、学校の「スポーツ教育」を通して、「覚醒」した人材を育成し、社会に供給しようという試みに他ならない。

 

日時: 2013.09.17|

連載No.49 「コッホ先生と僕らの革命」 2013/0916

 2012年の秋に公開された「コッホ先生と僕らの革命」という映画がある。実在のドイツサッカー協会創立者の物語だ。19世紀末に英国のケンブリッジ大学に留学し、ドイツ初の英語教師として祖国に帰ってきたコッホ先生が、英語の習得に有効だと考えて生徒にサッカーを教える。当時、プロシアの流れを組むドイツにおいて、学校では「体育」が教えられていた。これは明らかに軍事教練だった。これまでは「体育」という軍事教練で、先生(上官)に絶対服従していた生徒達が、サッカーというスポーツを通じて「覚醒」する。「命令に絶対服従」という従来の態度を変えることになり、父兄を戸惑わせる。少年達の精神的な向上が明らかになり、周囲を最終的に納得させる、という物語である。「スポーツ」と「体育」の対照がオモシロイ。厳格な父親に命令された息子が、父親に対して「なぜ?」と質問する。父親はすっかり戸惑い、怒り狂う。実に象徴的な場面だ。スポーツでは「なぜ?」について納得することが何より重要だ。「なぜ、ルールを守るのか?」「なぜ、審判を尊重すべきか?」この問いに答えずに、無闇矢鱈に「尊重せよ」と強制するのは、自己矛盾以外の何ものでもない。それは「尊重」の対局にある対応だ。

 中央官僚に優秀な人材を登用し、強力な中央集権国家を作りあげつつあった当時のドイツと英国とは、お互いに一番の仮想敵国だった。実際に第一次世界大戦はその対立軸が解消しなかったために始まった。1860年代の英国では、その仮想敵国のドイツの教育には、かなりの対抗意識を持っていた。当時のビクトリア女王がクラレンドン伯爵に命じた「パブリック・スクールの実態調査」は、3年をかけた後に議会で報告された。その調査結果が今も残っている。その中には、「我が国のパブリック・スクールにおいて、身体強化は、“大陸と違って”強制されたものではなく、生徒が自主的に行うスポーツでなされている」という一節がある。ここで言及されている「大陸」がドイツであることは明らかだ。ここでは、「ドイツでは体育だが、英国ではスポーツだ」と誇りを持って報告されているのだ。

 実は、初代文部大臣の森有礼はクラレンドン報告がなされたまさにその頃、英国に外交官として派遣されており、間違いなくこの報告を知っていた。欧州視察中の伊藤博文に会い、翌年の日本初の内閣に入閣を要請された。(森が売りこんなという説もある。)まだ若干37歳で最年少で入閣した森は英国のスポーツ教育を知っていたが、明治の日本にはむしろドイツ型の「体育」が有効だ、と判断したと思われる。当時の森の判断は間違っていないと思う。ただし、それは飽くまで「国民国家」樹立期の日本が、帝国主義の世界で生き残ることを至上命題としていたからだ。森は「体育」で「勤勉な国民」と「優秀な兵士」の両方を育成しようと考えていたはずだ。当時の日本内外の条件は、今日のそれとは全く違ったものだった。従って、教育の目的も異なっていて当然だ。問題は、「現在」だ。条件が全く異なっているのに、学校では未だに「富国強兵」の時代と本質的には変らない「体育」を実施し続けている。それが問題なのだ。

 以上は決して「体育」を否定した議論ではない。歴史的には正しかったが、今日ではそのままでは通用しない、と言っているのだ。小学校の低学年までは、基本的に「体育」中心でいいのかもしれない。ただし、体育の指導者はスポーツを正しく理解している必要がある。10歳を過ぎてもまだ「体育」では情けない。「覚醒」を促すスポーツにシフトすべきだろう。10歳というのは、脳の中の前頭葉の細胞数が確定筋期で、その後10〜12年で前頭葉の機能/能力が決まってしまう。前頭葉は、「対人関係」や「価値観」などを司る。他の哺乳類にはない「第3の脳」だ。右脳と左脳という第1と第2の脳は、「本能」を司っているので、人間が生物の本能から逸脱する複雑な行動をとるのは、基本的には前頭葉が存在するからだ、と考えられている。大学を卒業してからでは、人格の形成はほぼ不可能なのだ。(注:「鉄は熱いうちに鍛えよ!」)

 

日時: 2013.09.16|

連載No.48 スポーツ≠体育  2013/0914

 ビクトリア朝イングランドは、「7つの海を制し」「太陽の没しない帝国」を築いた。「Pax-Britanica」と言われた英国の覇権は、20世紀の初頭、第一次世界大戦が開始されるまでの凡そ70年間続いた。「その成功は植民地経営の勝利にあり、それを支えたのがミドルマネジメントの育成にあった」と喝破したのは、マネジメント学の泰斗、ドラッカーだ。ミドルマネジメントとは、軍隊で言うところの小隊長クラスの将校だ。兵士でもなく、将軍でもない。現代であれば、海外支社長クラスを指す。当時の植民地は、低開発国で、しかも苛烈な気候条件の地が圧倒的に多かった。パブリック・スクールは全寮制であり、寮内では暖房器具の使用が禁じられていた。あの寒い英国の冬で暖房が禁じられていたのは、将にパブリック・スクールが植民地経営の人材育成を担っていた証左だ。

 パブリック・スクールで完成された「近代スポーツ」の中核には、元々「スポーツマンシップ」という原理が存在していた。パブリック・スクールに集うジェントリー(郷紳)層は新しい時代、「近代の産業主義」の英国を担っているという自覚を持っていた。人類の歴史の中で、初めて貴族階級になっても「仕事」をする層が出現した。(これに相当するのは日本の江戸時代の武士層だ。)パブリック・スクールでスポーツが採用された当初、その目的は「勝つこと」ではなかった。ゲームを通じて、「誰が最もスポーツマンらしくプレーしたか」が競われていた。スポーツマンは、「心・技・体」に優れた「国を担える人材」を意味していたのである。

 ゲームの最中は、誰にとっても勝ちたいという気持ちが強く、「勝つためには手段を選ばない」という傾向に流れがちだ。そこで堪えて、「礼節を重んじることができるかどうか」は、なかなか簡単ではない。(実際にスポーツに打ち込んだ経験のある者ならば、誰にでも分かるだろう。)そして、スポーツのルールとは、将に「興奮状態で我を忘れると、ファウルしやすい」ように仕組まれている。(サッカーの「オフサイド」や、ラグビーの「スロー・フォワード」や、バスケットの「キャリング」という反則は、「人間の興奮と欲望を抑制できるかどうかをためす」ためにある、実にうまくできた仕組みだ。「罠」と言っても良い。)「忘我」とは「覚醒」の反対の状態を指す。「どんな状態でも自分を客観視できるかどうか」、が我を忘れやすいスポーツというゲームで試される。これに勝つことを「克つ(克己)」という。これができるとスポーツマンになれる。

 翻って我が国におけるスポーツでは、それが徹底されているだろうか?実は、スポーツ界で「敵」という言葉を使う国は世界でも多くない。(筆者の知る限り、日本だけだ。)スポーツでプレーするのは相手であり「敵」ではない。これは我が国において、「体育」が兵士養成の軍事教練だったことの名残だ。前述したように、「スポーツは、元来、将校クラスを育てる」ものだった。「兵士」と「将校」の違いは、大きい。「兵士は、将校の判断と命令を遂行する者」という関係である。「体育」では身体の鍛錬は可能だが、「判断」という「脳の機能」の鍛錬は、そもそも目的とされていない。初代文部大臣の森有礼は、「国民教育の要諦は、知育・徳育・体育の3つである」として、「体育」を「知力」と「徳力」の養成と切り離して考えていた。この点で、「知力」と「徳力」を併せた身体活動としてのスポーツとは、明らかに異なった思想が背景にある。

東京五輪が2020年に開催されることが決まった。素直に寿ぎたい。その一方で、日本には真っ当なスポーツ(文化)が確立していない点を忘れるべきではない。1964年の東京五輪の開会式を記念して作られた国民の祝日の名前は、「体育の日」だ。五輪は「スポーツの祭典」である。決して「体育の祭典」ではない。競技の強化もいいし、インフラ整備もいい。が、その前にスポーツの誤解を正し、真っ当な理解を進めるべきではないだろうか。

 

日時: 2013.09.14|