連載「僕の知事選、奮闘記」 〜敗軍の将、兵を語る〜

あれから1年

ちょうど1年前の今日が、静岡知事選の投票日。

現役の川勝知事にトリプルスコアで負けた日だ。

世間的には全く何の意味も無い日なんだが、一応当事者としては感慨が無いわけじゃあない。

貧乏性の常として、転んでもタダでは起き上がらない。「知事選の総括」のようなものにまとめようと考えた。目的は個人的な備忘録と同時に、経験のナレッジ化。次の参考になるかな、と。何かしたら、結果の如何に関わらず、振り返って分析をするのは「当たり前」だと思っている。

だが、世の中一般では、過ぎ去ったことを振り返り、分析することは稀らしい。もったいないなあ、と思う。稀どころか、分析したくもないし、されたくもないという輩も少なくない。「反省するな!」というわけだ。分析されると困ることでもあるんだろうか、と勘ぐりたくなる。が、当為の問題ではなく事実としてそういうことなんだろう。ガバナンスとは「責任の所在」をはっきりさせて初めて収まることなんだが、それこそが日本ムラでは最も忌み嫌うところのようだ。

ということで、あれから1年を機に「知事選奮戦記」の正式な中止を決めた。アップしていない原稿は全て破棄することにした。

問題点を指摘したって、変る気がないんだから大きなお世話なんだろうね。いやはや、百年河清を待つが如し、とは良く言ったもんだ。

この記事へのコメント

Leave a Reply

日時: 2014.06.16|