連載「僕の知事選、奮闘記」 〜敗軍の将、兵を語る〜

FIFAのスキャンダル

FIFAの理事達が汚職で捕まった。世界が唖然としてい大スキャンダルだ。昨日からメディアの取材依頼が多数きている。

汚職は確かに悪い、のだが・・・。「悪い」のは「法律違反」「FIFAの内規(ルール)違反」「倫理的に悪い」の3つのレベルがある。今回のケースはそのどれにあたるのか?事実を確認しておく必要がある。

なぜ米国の司法が動いたのか?米国の何という法律に抵触したのだろうか?初期段階の報道では「脱税」容疑だった。「汚職」「贈賄」ではないのか?

今日の読売新聞で、「RICO」法という法律に抵触していることが分かった。「汚職」「収賄」は通常、公的機関や公人を罰する問題だ。民間の商業行為 「汚職」や「収賄」は刑事問題ではないはず。無論、「公的な施設建設」など、公的な問題は対象となるが、純粋な民間の商業的な行為を、国家機関が管理するのは間違いだろう。

スイスという国はかなり特殊な国で、「情報公開」をしない、と宣言していることで世界の資本を集めている。おこにあるFIFAに透明性を求めるのは「?」。本当に透明性を確保したいのなら、スイスから移るべき。

我々は、(形式的とは言え)「民主主義」で「資本主義」の社会に生きている。その論理が世界中で通用する、と思わない方がいい。我々が「悪い」と思い込んでいることは、「悪いことが自明」ではないのだ。

例えば「談合」は悪いことだ、と思い込んでいるが、本当に悪いことなんんだろうか?98年のフランスWカップまでは、WカップのTV放送権は、世界の「公共放送連合」が設立した(法人格のない)「ITC」という組織が「談合」で決めていた。2002年大会から市場の論理に任せ、透明な場における入札にしたら、突然5倍以上に高騰した。それまでWカップのTV放送は、「報道」と考えられていたが、2002年大会以降、「エンタテイメント」として扱われている。それなら確かに放送権は後学で取引される。

ジャック。ワーナーが2010年の南ア大会の決定で12億円もらっていたらしい。この被害者は誰だ?被害者がいないのに、刑事罰?それは法的に変じゃない?

メディアは、「情緒的」な「煽り」をやめて、理性的で客観的かつ『多面的な視点」で扱うべき事件だろう。

 

この記事へのコメント

Leave a Reply

日時: 2015.05.29|