連載「僕の知事選、奮闘記」 〜敗軍の将、兵を語る〜

連載No14 2002年Wカップ招致に関わる 2013/08/06

 86年のWカップメキシコ大会以来、何となく国際スポーツ担当のようになっていた。サッカーは「トヨタカップ」「キリンカップ」「ゼロックス・スーパー・サッカー」に加え、五輪とWカップのアジア予選、さらには日本リーグ(JSL)を担当。(当時はこれら全てのプロデュースを一人でやっていた。大変ではあったが、かなりの自由裁量権を与えられて、楽しかった。)

 サッカー以外もいくつか手がけたが、中でも89年のアメリカズ駅伝」は今でも印象深いものだった。当時は駅伝という日本発の競技は国際的な認知を得ていなかった。それを国債陸連に認めさせて、駅伝のWカップなどを実施し、徐々に認知されるようになっていた。ロードレースは本来個人競技で、それをチームで戦うという発想は欧米人にとって新鮮だったようだ。また、「アメリカズ駅伝」は国際大会という側面と、アメリカの全驟州の州対抗という部門を設けてアメリカ国内の人気定着に努めた。アメリカには国体がなく、「州対抗」という競技方法が新鮮だったようだ。

 しかし、何より私にとって新鮮だったのは、NY市との交渉窓口が「スポーツコミッショナー」だったことだ。そういう存在があるのを初めて知った。LAの「フィルム_コミッショナー」は有名だ。ハリウッドを持つ都市LAは映画産業と観光産業の存在が大きい。そこで、市内のロケを市が積極的にバックアップし、地域振興に結びつける役割を担っていた。NYのスポーツコミッショナーも同様に、スポーツを積極的に支援することで、観光に結びつける狙いがあった。今でも週末の早朝は、五番街やセントラル・パークでロードレースが行われている。NYシティーマラソンは、国内外から20万人の観光客が訪れる、市の秋の名物イベントだ。我々は「アメリカズ駅伝」をNYの春の名物イベントとして定着させたいという野望を持っていた。このイベントが財政的な問題で、2回で終了したのは残念だった。続けておたら、立派な名物になっていたろうに。スポーツコミッショナーのオフィスはバテリーパークに面したワールドトレード・センター内にあった。そう、あの同時多発テロで飛行機が突っ込んで跡形もなくなってしまったあのビルである。

 89年の年末、トヨタカップの前日、翌年開催されるのWカップ・イタリア大会の担当を命じられた。急遽の担当替えだった。翌日、大会当日の朝、国立競技場に行くと、ISLのキース・クーパーがニコニコしながらアンツーカーの上を歩いて近寄ってきた。「Welcome back !」と言ってきたので、彼の差し金だと分かった。彼とは86年のメキシコ大会で一緒に仕事をし、その後もトヨタカップでっチームとの出場交渉を任せていた旧知の中で、信頼がおけたのだろう。(後にキースは転進し、FIFAの広報官となり、2002年大会では広報を仕切っていたが、決勝の翌日にブラッター氏に解雇された。FIFA内の政治闘争に巻き込まれ、とばっちりを受けた格好だった。「スイスの国内法では、解雇理由を明示する必要はない」と言われたようだ。厳しい!)

 イタリア大会の開会式の前々日、ローマのカバリエリ・ヒルトンホテルでFIFAの総会が開かれた。そこで日本サッカー協会は「2002年の大会を日本で開催する意思」を表明した。総会で配布された「招致パンフレット」は日本から送られたが、その送り先は同ホテルに事務局を構えていた筆者の部屋だった。結局、行きがかり上、総会で各国の机の上に配布したのは、他ならぬ私だった。(このホテルには、当時の専務理事だったブラッター氏も泊まっていた。メキシコでも同じカミノレアル・ホテルだった。早朝、一人でボールリフティングしていたので、一緒に相手をしてあげた。FIFAの現会長のJブラッター氏とボールリフティングで遊んだ日本人は、多分私だけだろう。)

 大会の日本招致パンフレットを配りながら、実は心中「日本でWカップの開催?まず無理でしょ」と思っていたことを告白しなければなるまい。86年の前回大会でWカップの凄さを目の当たりにして、「こんなことが日本でできるわけがない」と思っていた。例えば、メキシコでは自国の代表チームが勝つと、深夜に酔っ払った若者がクルマ10人くらいに乗って通りを大騒ぎしながら走り回る。当然、事故が起き、死人が出ることもある。翌日の新聞には「Wカップだから仕方がない」と書かれるのである!イタリアでは我々オフィシャルの役員の乗るバスは、試合当日、スタジアムに向かう際、信号は全て無視し、場合によっては反対車線を走る。こんなことが、日本で許されるハズがないではないか。(ただし、日本でも「諏訪大社の御柱祭り」や「岸和田のダンジリ祭り」では、似たような事故が起きるが、祭りは廃止にならない。Wカップは「世界の人が集う国際的なお祭り」だと考えると分かりやすい。)

 私が「日本でも開催されるかもしれない」と思い始めたのは、1993年にJリーグが創設された後のことだ。上述したように、電通でサッカー担当として、「トヨタカップ」「キリンカップ」「ゼロックス・スーパー・サッカー」のプロデューサーを務め、同時に「日本サッカーリーグ(JSL)」の広告買い切りを仕切っていた。従って、JSLがどれだけ不人気かを嫌というほど知らされたていた。スタジアムはどの試合も閑散としている。テレビ中継など年に2回か3回。それもNHKが公営放送局としてマイナースポーツもカバーするという義務感から、であった。(詳しくはJリーグの初代専務の木之本さんが書いた「空っぽのスタジアムからの挑戦」を参照されたい。)スポンサーに広告看板を売るのは至難の技だった。

 実は、アメリカズ駅伝実施のためにNYに渡る直前、JSLから「プロ化」について電通もプレゼンテーションしないか?と声をかけられたが、社内の「非現実的」という判断に私も従ってプレゼンテーションを降りた。「プロサッカーリーグ」の創設など夢のまた夢、だと思われていた。当時としては、実に常識的な判断だったが、今にして思えば「なぜ挑戦しなかったのか」という忸怩たる思いがある。Jリーグの創設は、ライバルの博報堂が担当し、我々は「Jリーグ・ブーム」を指をくわえて見ている他なかった。(Jリーグが創設を企図してから創設するまでの4年8ヶ月の動きについては、拙著「Jリーグのマネジメント」を参照されたし。)

 「どんなに非現実的に見えても、叶う夢がある」ことをJリーグの発足は教えてくれた。世界がJリーグの創設を驚きの目で見ていた。余り知られていないが、サッカーの母国、英国のプレミアリーグの創設において、Jリーグの制度設計はかなり参考にされている。戦略的な制度設計という点で、Jリーグはその後の世界のスポーツビジネスに、本当に凄い影響を世界に与えたのである。(川淵三郎氏は、「20世紀のスポーツ界に影響を与えた世界の100人」中に、間違いなく入るだろう。)

 

日時: 2013.08.06|

連載No13  国際スポーツビジネスに関わる  2013/08/05

 1985年のトヨタカップは欧州代表にプラティニを擁するユベントスを迎え、事前から話題になって盛り上がっていた。前売り券は発売直後に完売。イタリアにおける放送権は、ベルルスコーニ氏のTV局が獲得していた。欧州は長い間、公営TV放送局が放送を独占していたが、80年代の後半になってやっと民間放送局が登場してきた。ACミランのオーナーでもあり、その後首相にまで上り詰めた、何かとお騒がせ男のベルルスコーニ氏の放送局が、イタリアで一番人気のあるユベントスの、しかも国際的な公式試合を放送するというコトは、将に民間TV局の攻勢を象徴するコトで、イタリア国民もビックリしていたに違いない。(ベルルスコーニ氏の狙いもそこにあった。)

 そのトヨタカップの大会直前、突然にメキシコ行きを命ぜられた。翌年のWカップの組み合わせ抽選会に出るためだった。Wカップとの関わりの第一歩だった。電通は国内の広告市場で24%の売り上げを誇っていた。2位の博報堂は8%だった。25%を越えると、独占禁止法に抵触する疑いを持たれるという話だった。売り上げの伸びは、海外に求めようということになった。そのために、国際的なスポーツイベントの広告その他の権利を取得するために、投資を開始したのが80年代だった。

 筆頭がオリンピックとサッカーのWカップだった。この2つの権利を取るために、アディダス社の2代目当主であるホルスト氏と組む事にした。ホルストがスイスに設立したISLという会社の49%の株を取得したのだ。さらに、初めての民活五輪となった84年のロスアンゼルス大会で、組織委員会の会長となったピーター・ユベロス氏と組んだ。(そもそもホルストを電通に紹介したのがユベロスだった。)この大会は事業的な大成功を納めた。それまでの「金のかかる五輪」が、「金の儲かる五輪」に180度変身したのだ。(詳しくは拙著「スポーツマーケティングを学ぶ」を参照されたし。)

 「マラドーナのための、マラドーナによる、マラドーナの大会」と呼ばれた1986年のメキシコ大会と、「古き良き姿の最後の大会」だった1990年のイタリア大会を担当した。(「神の手」も「5人抜き」も、現地のアステカ・スタジアムにいて目撃した。メキシコの強烈な夕陽を背景にして、ジャンプしたマラドーナの首が急に伸びたように見えたが、あれが神の手だったとは。)

 1990年のイタリア大会まで、Wカップの開催は基本的に欧州と南米の交互開催だった。世界クラブ選手権と称したトヨタカップは、サッカークラブの欧州チャンピオン対南米チャンピオンの戦いだった。北米もアフリカもアジアも、それを認めていた。いいか悪いかは別にして、サッカーとは欧州と南米の競技だった。ところが、1974年に欧州以外から初めて選ばれた国際サッカー連盟(FIFA)の会長、アベランジェ氏はサッカーの世界化を進める意図を持っていた。そのためには、GDP1位のアメリカと(当時)2位の日本をどうにかして国際サッカービジネスのマーケットに組み込む必要があった。1994年のアメリカ大会は、そうして決まったのだ。ここでサッカービジネスのグローバル化がスタートしたのだが、それはアメリカ風のビジネス(今風に言えば「グローバル・スタンダード」)をサッカーに取り込むことだった。アメリカ大会以降、大会の運営は立派にシステム化された。事業規模は拡大するばかりだ。だが、一方で、かつてのWカップの、どこか牧歌的な風景を懐かしむ向きも少なくない。

 

日時: 2013.08.05|

連載No.12 電通入社  2013/08/04

  電通に入社した当時は、配属までに1ヶ月の研修があった。1980年の採用は男性社員が120名、女性は60名で全員が短大卒の事務職だった。我々男性は12名一組で10の班に分かれて研修をした。研修中にクリエーティブのお偉いさんから、「君はクリエーティブに向いているねえ」と言われ、自他ともにクリエーティブに配属されると思っていた。配属発表の日、発表は営業(当時は「連絡」という名前だった)からだった。全員の最初に「広瀬一郎」と呼ばれてビックリして返事をしたら、人事の人が勘違いして「さすが営業は声が大きいな」と褒められた。大きな勘違いだった。

 当時の営業配属者は、営業に行く前にマーケティング局とクリエーティブ局に分かれて1年間預けられることになっていた。広瀬一郎は「連絡総務付け、マーケティング局第1マーケティング預かり」だった。ここで1年間、マーケティングの基礎と実務を教わった。特に「調査」の手法と「調査報告書」の書き方は、後々まで役に立った。(同じマーケティング配属には、「戦艦大和の最期」の著者、吉田満氏の息子の吉田望君がいた。クリエーティブ配属にはタグボートの創立社の岡君、タイノスを創立しユニクロの広告戦略を作り、現在はJ-Waveでパーソナリティーをしている大倉君などがいた。全員が、その後電通を卒業している。)

 1年後に「第八連絡局」に配属となった。「鬼の第八」と呼ばれ、最大のクライアント「トヨタ自動車」の担当局である。当時はまだ「トヨタ自動車工業」「トヨタ自動車販売」に分かれていて、我々は九段上の靖国神社の向かいにある「トヨタ自販」の東京本社に通っていた。「工販合体」はそのしばらく後だった。

 連絡(営業)としては3年働いた。電通社内のサッカー部でもプレーしていたので、私が藤枝東高校でサッカーをしていたというコトは、そこそこ知られていた。入社した翌年にトヨタカップが始まっていた。第1回目はトヨタ担当の営業として当日のプレス用の車通用門の担当だった。第1回は2月開催で、真冬だったがコーツ着用は禁止されていた。(理由はいまだに謎だ。)第2回からは12月の第2日曜の12時キックオフと決められた。トヨタとサッカーを知っていたので、トヨタカップを担当させよう、と考えたに違いない。入社4年目の84年、ロス五輪の年にスポーツ・文化事業局に配置換えとなった。望むところだった。

 すぐにキリンカップの手伝いをした。当時はまだ「ジャパンカップ」と呼ばれていた。続いて「釜本選手引退試合」。当時はJリーグがなく、日本リーグはアマチュアのリーグだった。アマチュア選手の引退試合を有料の興行で行うというのは初めての試みだった。我々の危惧にも関わらず、興行としては大成功だった。ドイツのオベラーツと「神様ペレ」も参加してくれた。(ゲーム終了後、懇親会会場を取り巻いたファンからペレを守るため、約30mペレの手を引いて走って会場入りした。神様と手をつなぐ等、考えたこともなかった。)放送したTV東京では、社内で社長賞を獲得したはずだ。

 年末のトヨタカップの準備で忙しいころ、全日空の営業担当から「日本リーグの1部に全日空が昇格したので、記念試合を企画して欲しい」という話が持ち込まれた。他の人が忙しかったのだろう。初めてプロデュースを任された。まずマッチメーク。対戦相手は古豪古河に頼んだ。Jリーグが始まる8年前のことだ。観客は1万も入れば大入りと言われた。テレビ局も中継などしたがらない。そこで一計を案じた。引退直後のケビン・キーガンというイングランドの元キャプテンで人気選手が某メーカーの販促のために来日するという情報をつかんでいた。そのメーカーと交渉し、全日空チームにゲストプレーヤーとして出場を決めた。古河には、ブンデスリーガが終了して一時帰国する奥寺さんをゲストに入れてもらった。会場は横浜球場。サッカー協会が初めて公認した人口芝のゲームとなった。放送はテレビ東京で、解説は加茂さんだった。これが縁となったのか、加茂さんはJリーグ開始時にフリューゲルスの監督となり、後に日本代表の監督となり、Wカップ予選の最中に更迭され、全日空昇格記念ゲームに古河の選手として出場していた我が友、岡田武史に監督を譲ることになる。なんだか因果めいた話ではないか。

日時: 2013.08.04|

連載No.11  電通入社の顛末  2013/08/03

 大学4年生の夏に、ある方と偶然に知り合ったことで、私の人生が大きく変る。実に不思議な人だった。田中角栄首相によって日中の国交回復がなされたものの、直後は個人的に中国に行くのはなかなか面倒だった。そんな時に「日中学生交流使節団」を組織して、日本から100名以上の学生を中国に連れて行く、そんなことを企画し、団長になったのが二見武興という人物だった。那須の山を開墾して二見牧場を経営していた。お会いした時はまだ30代そこそこだった。本当に不思議な人で、現代の国士だった。学生使節の中には多くの東大生がいた。その中に私の友人もおり、「是非、広瀬に会わせたい人がいる」と那須まで連れて行かれた。実は大勢の学生で行くのに車が足りず、私の黄色い中古のセリカを調達するのが目的だったようだ。

 豪快な方で、大勢の学生が訪れると、喜々として迎えてくれた。家が二つあり、片方には鍵がかかっておらず、我々は出入り自由だった。時々、東京に遊びに来ると、仲間が集って楽しい時を過ごした。そんな中に、後に政治家になった小沢鋭仁さんや、財務省や防衛庁その他の役人になった者も少なくない。集まって話すことは他愛ないことが多かった。決して悲憤慷慨して憂国を語るといった感じはなかった。女子大生も多かった。仲間同士で結婚に至ったカップルもいくつかあった。

 お会いしてしばらく経った時、「広瀬、お前東大生らしくなくておもしろいな。」

(これは、当時、私に対する定番の褒め言葉だった。)「どうだ、電通に行かないか?」と言われた。恥ずかしい話だが、電通という名前を聞いたことがなく、何の会社か分からなかった。よく知らないまま、那須でとれたリンゴを電通の大津大八郎常務の家に届けることになった。大津さんは、東南アジアで終戦を迎えた元職業軍人である。陸士のご出身で、大尉で終戦を迎えられたと聞いている。

 電通という会社は元々国策会社のようなものだった。明治期に職業軍人の光永さんという人が、日露戦争に備えた雪中訓練のときに凍傷で足を痛め、軍人の道を断念して作った会社だ。当時、外国の通信社に頼っていた報道を、自前の通信社を備えるべきだと考え設立した。新聞社には通信社に払う金がないので、替わりに新聞のスペースをもらい、それを企業に広告スペースとして売って会社の収入とした。その出自は、企業よりもメディアの代理人という側面が強い。日本独特の広告代理業のスタイルは、こうして生まれた。後に通信社と広告部門が分かれて別会社になる。1904年の日英同盟が締結された年に、共同通信と分離して電通が生まれた。

 その後、第二次世界大戦中に、数百あった広告会社が9つの地域毎に1つだけ、合計9つに統合された。うち7つ(だったかな?)は電通だった。戦後、電通は多くの有能な公職追放者を受け入れた。旧満鉄出身者や元軍人も少なくなかった。大津さんはその中の一人だった。入社して大分経ってから、自民党でカミソリと言われた川島正次郎副総裁のもとに、秘書として9年間も社業として出向していた。自民党だけではなく、永田町のことは裏まで精通していた人だった。政治家を目指す多くの人が大津さんを尋ねて相談していた。その中には、前述した小沢鋭仁さんや、柿沢弘治さんらがいた。

 那須からリンゴを運んでいったら、「せっかくだからウチで飯を食って行け」と家に招き入れられた。「九州から上手い明太子が届いているから出してやれ」。明太子が美味で、飯を5杯食ったら、「食いっぷりがいいな。ウチに来いよ」。「はい!」こうして私の電通入りが決まった。(当時は「サラリーマンはもってせいぜい5年」という意識があったから、どこでもいいや、という思いがあった。まさか20年もいることになろうとは!)

(二見武興氏は、その後38歳で夭折した。ある豪雪の冬、雪中での事故だった。彼が生きていたら、今の日本をどう思うか。私の知事選の出馬に、どう言ったろうか。興味深い設問だ。惜しい人だった。)

 

 

 

日時: 2013.08.03|

連載No.10  大学生活 2013/08/01

 大学でもサッカー部に入った。故障は浪人中に直したので、問題なくボールは蹴ることができた。入ったことは入ったが、藤枝東高校のサッカー部と東大のサッカー部では、レベルも目標も違っていた。モチベーションが萎えて、専門課程に進む3年生になる際に退部した。ただサッカーはやり続けた。

 渋谷に国際サッカークラブという在日外国人のクラブチームがあり、そこに所属して渋谷区の社会人リーグでプレーしていた。日本人の助っ人プレーヤであった。このチームには特にスペイン人が多かった。母国でセミプロだった者もいた。牧師さんだったが、とにかく上手かった。個人技も上手かったが、とにかくサッカーを知っていた。ここではサッカーが違った。実にオモシロイ。スポーツは遊びだからPlayをする。遊びだから、創意工夫をする。メンバー全員が、集中して楽しもうとする。仕事と遊びは違う。日本人はまじめになって、スポーツさえも「仕事」にしてしまうが、楽しくなければそもそもプレーする意味がない。これがスポーツであり、サッカーというものなんだ、と目から鱗が落ちた思いだった。

 最も違ったのはリズムだ。日本人のサッカーは単調だ。農耕民族だからだろうか。緩急に乏しい。サッカーでは緩急のリズムが無いと、なかなか崩してシュートまでいくのが難しい。個人技では日本人にも上手いプレーヤーはいるが、チームとなってリズムが作れないと勝てない。それがサッカーだ。ヨーロッパでは、子供の時にボールを蹴り始める時点で、サッカーをプレーすることを教わる。オトナになってから教わるものではない。だから、見ず知らずの初対面の人間が集まってボールを蹴り始めても、すぐにサッカーになる。

 日本の部活の体育会的な文化を嫌って入ってくる日本人の学生もいた。そのうちの一人は、スペイン人の紹介でスペインリーグのオーディションを受けることのなり、渡欧した。合格したが、彼は帰国した。恋人がスペインに渡るのを拒んだからだ。奥寺さんやカズより先に、外国でプロ契約した第1号になれたのに、惜しいことをした。後に読売クラブ入りした湯田君も、浪人時代にはこのクラブでプレーしていた。高校時代は関東のマラドーナと言われていた、頗る上手い選手だったし、彼の独特のリズム感と個人技は日本人離れしており、むしろヨーロッパ人のチームでは生きた。(このチームでプレーしていたチームの写真が、今でも青山の「エル・カスティリヤーノ」というスペイン料理屋に飾ってある。私も映っているが、スペイン人と見分けがつかないだろう。主人のビセンテは、元闘牛士で、膝を痛めて断念し、来日して開いた店で、滅法美味い。ビセンテはチームメートで左のサイドバック専門だった。

日時: 2013.08.01|