連載「僕の知事選、奮闘記」 〜敗軍の将、兵を語る〜

天皇と東大

立花隆の「天皇と東大」が文庫化されている。全4巻の大作だ。これまでFBで言及していたが、長いのでBlogが適当だろう。

「知事選奮戦記」は最終章の第3章の前で中断している。(終了ではない。)その間に、読書録をこのBlogに載せることにする。

最終の第66章を読了。残りは補遺と文庫版のあとがき、のみ。

最終章で立花が明らかにしているように、この本のゴールは最初から昭和20年の8月15日。ポツダム宣言を受諾し、敗戦が決した「日本の一番長い日」だ。明治維新で日本史上でも数少ない重大な国体の変革を成し遂げだが、敗戦の日もそれに匹敵する国体の変革だった。前者は、日本の自発的な行為だが、後者は敗戦に伴う変革だ。維新からたったの70年で重大かつ本質的な変革がなされなかった理由は何か?もっと直截的に言えば、何を間違ったのか、を事実を検証して理解する試みだ。「確かに日本史としては学ぶし、日本が軍国主義に染まって、無茶な戦争に走った、のは常識だ。しかし、今ひとつ、しっくり行かない。「なぜ間違ったのか?」がちゃんと検証されていない、という印象が拭えない。

実際に、客観的かつ体系的な整理はされていないのだと思う。日本人は起きてしまったコトに陳謝はするが、検証はしない。「起きてしまったコトをとやかく言うのは嫌」な国民性なんだろう。しかし、検証がなくて反省は不可能だ。「反省」がコトバとして遊離する。それは福島原発問題で我々が、将に今日て的な問題として感じていることだ。他人のことにはそう感じるが、では振り返って自分のことはどうか?事後の検証がこれほどされない国も珍しいのではないか?2002年のWカップの開催前に、いろいろなことがビジョンとして、あるいは目標として提示された。しかし事後にそれが「どこまで達成されたのか?」「達成されなかったコトに「ついては、なぜか?」が検証されただろうか?(この点については、RIETIの研究員時代に実証調査をした。

例えば、「Jリーグの2シーズン制への移行」措置である。これは現状について何らかの問題意識がある故の制度変更だろう。しかし、これまでの経緯について「検証」はされているのだろうか?動員が問題であるのなら、減少の原因は何か、調査したのだろうか?寡聞にして聞いたことがない。この因果関係の把握を疎かにして、新しい制度に移行するのは無謀ではないのか。

かく言う私が、知事選の事後検証が必要だと思って Blogを開始すると、某筋から「過ぎたことをとやかく言うな」との声がかかる。これらは全て同根だと思う。

「天皇と東大」の話に戻る。昭和20年に戦局がいよいよ絶望的になった段階で、南原繁を中心とした帝大(東大)教授有志が和平工作に動く。無論、秘密裏に。全く知らなかった。南原は。当時、法学部の学部長で、戦後の初代総長。吉田茂との論争の中で、「曲学阿世」と罵られたのは有名。ポツダム宣言受諾直後に、学徒出陣から戻って来る学生に対するメッセージを新聞に載せた。敗戦のショックで全国民が混沌のさなかにあって、南原先生の「これから新しい日本を築くため」の宣言は、大きなインパクトを与えた。立花は、ナポレオンに占領されて茫然自失のドイツ人に、「ドイツ国民に告ぐ」と演説したフィフィテになぞらえている。フィフィテはベルリン大学の初代学長だ。かつて、大学人という存在が、社会に対して教育以外にも大きな機能を果たしていたことが偲ばれる。(南原先生のご子息は、私の駒場時代のクラス担任だった。ベーメの神秘学が専攻で、ちょっと浮世離れしていた先生だった。)

南原繁が、敗戦受け入れの混乱が終えたら、天皇が自主的に退位するだろうと予測していたし、退位すべきだと考えていた。今上天皇自身もそう考えていたそうだが、「退位の規定」が憲法になかったのと、どうも吉田とマッカーサーが今上天皇の退位が招く混乱を嫌って反対したようだ。結果的に、「責任をとらない日本社会」につながったのではないか、と立花は指摘する。異義なし。

終戦を待たずに夭折した河合栄次郎も凄まじい。反マルキストだったが、軍国主義の対等に抗するには共産主義とも手を結ぶべきだ、という考えを持つ。これは世界的にはコミンテルンの人民戦線戦術と重なる。当然、治安維持法の対象となり、告発される。獄中の河合の「今はできるだけ厳しい処断を受けたい。厳しいければ厳しいほど、敗戦後の発言力が増すだずだ」という近親者への発言が残っている。凄まじい、の一言だ。

 

日時: 2013.11.04|

連載No.58 「浜岡原発再稼働」問題 (「県民投票」は妥当か?) 2013/1001

 「3.11」以降、「原子力発電所」の安全神話は崩壊し、原発がある自治体では「再稼働」問題が大きな問題になっている。静岡県にも「浜岡原子力発電所」が存在する。糸魚川・静岡構造線の真上に「原子力発電所」を作る、等という今から考えると常軌を逸したとしか思えない判断を先人達はしてしまった。(無知は怖い!)

 個人的には、「浜岡」の再稼働はあり得ない、と個人的には思う。これが常識的な判断だろう。が、コトがコトだけに、その決断に至るには適切なプロセスが必要だろう。

 言うまでもなく、「原子力発電所」は、極めて専門的な知識を要す問題だ。従って、まずは政府が行っている専門家による検討の結果を待つべきだと思う。全てのカードがテーブルの上にのっていない以上、最終的な判断を下すべきではないと思う。それは責任ある大人の対応ではないだろうか。こういう問題は情緒的に流れやすいが、政治家がそれに同調するのは非常にマズい。情緒に流れやすいことは、政治的に利用しやすい事でもあり、実に危険なのだ。(確かに、これまでの経緯から、「専門家」に対する不信感は拭えない。専門性の罠」という問題に対処するのも政治の役割だろう。)

 この手の政治問題を情緒的に利用しやすい筆頭は、「領土問題」であることは歴史が示すところ。近代国家は「国民国家」を前提に成立した。「国民」とは、前述したように理論的には証明しきれない属性だ。そこを「ナショナリズム」という意識で補完している。ナショナリズムが論理ではなく「情緒」に結びつきやすいのはそういう背景があるからだ。そういった例は枚挙に暇がない。次が「人命」の問題。かつての福田総理が、「人一人の命は地球より重い」と意味不明なことを言ったが、これも「人命問題」を情緒に訴えた典型だった。「領土」と「人命」を大上段に振りかざす議論には、疑いを持って、一旦ちょっと身を引いて、客観的に観る努力が必要だと思う。

 原発問題の「県民投票」も実はかなり情緒的な色が濃い。政治判断との論理的な整合性がとりにくいのだ。

 第一に、「原発事故の被害」が行政区という区分に馴染まないこと。浜岡原発から100kmの同心円を描くと、東は熱海や伊東を含み、ほぼ静岡県をカバーする。ところが、西に100km行くと浜松はおろか豊橋も越え岡崎に達する。となると、「原発再稼働問題に関する県民投票」において、「伊東市民は投票権があるが岡崎市民には権利がない」という事態となる。この不平等をどう正当化するのだろうか?岡崎市民は納得するのだろうか?

 「県民投票は最終決定ではない。飽くまで住民の意思表明だ。結果ではなく、決定過程に住民の意思が反映されていないのはおかしい」と仰る県民投票推進派の方がいた。(であれば、県民アンケートと何処が違うのだろうか?)では聞くが、「決定過程に日本国民及び日本政府の意思が全く反映されていない“日本国憲法”」は否定されるべきだろうか?私個人は憲法改正論者である。国民の意思が決定過程に反映されていないのは、オカシイと考えているからだ。しかし、県民投票推進派の多くは、いわゆる「市民派」が多いように見受けた。彼らに「日本国憲法の改正の可否」を問うてみたい。「もちろん、改正すべきです」と答えてくれるなら論理矛盾はないが、「いいえ」なら、行動原理に論理的一貫性を欠き、「情緒的」だと思われても仕方が無いだろう。

 私の結論は、「県民アンケート」を実施する。そこで県民の意思の有り様は分かるはずで、それを県知事は責任を持って国に伝えるべきだと思う。

ここまでで連載の第2部「政策」は終了する。第三部「知事選」がスタートするまで、しばらくのインターバルとなる。ご容赦を。

日時: 2013.10.01|

連載No.57 「マニュアル」整備と「自衛隊・警察との協力関係」促進 2013/0930

「危機管理マニュアル」と「危機対応訓練」は不可欠だ。

 「マニュアル」作りには、作る過程で「危機感を共有する」という副次的な利点がある。「東北大震災で起きたこと」「施設によって防げた問題」「被害を大きくした制度の不備」「訓練によって、防げた被害」などの整理と、そこからマニュアルを整備することが肝要かつ有効だ。(もっとも、これは静岡県に限ったことではない。ここでの教訓を活かさなければ、震災で無くなった人達が浮かばれないだろう。)

 特に、災害時に力を発揮する「警察」「消防」「自衛隊」との連携は重要だ。神戸大震災の際、自衛隊への出動要請を躊躇して災害を大きくした首長がいたが、こういった事態は避けたいし、避けられる。また、東北大震災では、自衛隊による臨時の道路敷設を自治体が許可しなかった地区があった。「地権者の許可を得ていない」ことが許可しない理由であった。実に馬鹿げている。これを聞いたアメリカ軍が、「バカバカしい」と一蹴に付して臨時の道路敷設を行った。正しい判断だった。「危機に対応する」事を前提にした軍隊という組織と、「危機に対応する事が苦手」な官僚組織の対応の差が如実に現れた例だ。

 「安全を目指す」ことが、「危機はないものとする」という意識につながりやすいのは東京電力の例で明らかだ。(「問題は無いものとする」という対応は、心理学的には最も幼稚な「逃避機制」と呼ばれるものだ。)実はトップマネジメントの重要な機能は、極言すれば「リスク・マネジメント(危機管理)」になる。あらゆる組織は、生まれた直後から必ず自己目的化する。これは普遍的な原理で例外はない。何か課題があり、その課題を解決するために組織を作る。しかし、一旦組織ができあがると、組織内には組織自体を維持しようという論理が生ずる。この時に「組織としてのリスク(危機)」が生ずる。例外は無い。組織としてのリスクに対応するのがトップマネジメントの重要な機能になる。これも例外は無い。であれば、県知事が県庁と関連組織のリスクに責任を果たすのは当然の機能だ。まずは、「リスク対応」への意識を常に醸成しておく事が必要になる。ドラッカーは、「組織内に組織を否定する意識を常に醸成しておくこと」をマネジメントの重要な機能としてあげている。実学指向のドラッカーらしい有益な指摘だと思う。

日時: 2013.09.30|

連載No.56 「山間部と臨海部との交流促進」 2013/0929

 東北大震災の直後、新潟県の泉田知事は一早く「自治体ごと避難してこっちに避難して来てください」という宣言をした。勇気があるだけでなく、的確な判断だったと思う。大型の天災による避難は、自治体まるごと避難するレベルの大事だ。

 これまで静岡県は太平洋ベルト地帯、あるいは東海メガロポリスなどと言われ、東京と大阪を結ぶ東西の交流で栄えてきた。東海道五三次と言われるように、これは古来より確立されていたルートだ。それに引き換え、南北の導線の発達が遅れている。静岡県にとって、南北のルートとは「山と海を結ぶ」ルートに他ならない。これを天災時の避難導線と考えると、南北の導線の確保の重要性が理解できるはずだ。この「南北ルートの確保」と「自治体ごとの避難」という考えを統合させたらどうなるだろうか?

 つまり、南北に位置する2つないし3つの自治体を1つのグループにし、普段から交流を深めておき、いざという時に備える、という考え方だ。「山に災害が起きたら海に逃げ」「海からの災害には山に逃げ」る。それも「普段から交流のある知り合いのいるところ」に、である。普段の交流としては、相互にお祭りで招待し合うのも良いだろうし、学童達の「夏の合宿」「冬の合宿」でも良い。交流の仕方はそれぞれでいい。理想的な事を言えば、各家庭が海と山それぞれに自分の家を持つことだが、それは経済的に大変で非現実的だから、「お互いに協力し合いましょうよ」というわけだ。災害の避難訓練も相互に行えばいい。そして、「いざとなったら、皆さん全員、こっちに逃げてきなさい」という相互扶助の文化を県内に育成し共有する。それは災害時だけでなく、普段の地域活性化にもつながるはずだ。県は市町のグループ化への仲介役を果たし、交流事業の助成を行えばいい、と思う。無論、交流のために有効な施設整備なども助成する。具体的な活動については、まだまだ色々な可能性がある。震災対策というと、何か暗いイメージがあるが、こういう「交流事業」は明るく、楽しく考えられる。各市町からの積極的な提案を促そう。

日時: 2013.09.30|

連載No.55  多機能の「エコ・シェルター・スタジアム」 2013/0927

  実はサッカーの興行を考えると、芝生を維持する観点から年間でゲームができるのは40試合が限度。残りの300日以上は興行ができないので、興行だけでは遊休施設という側面が強い。そこで、さらに施設の稼働率を高める方策として。「レストラン」「結婚式場」「会議室」などとしての利用が考えられる。マンチェスターシティーのスタジアムは、ゲームデー以外に「結婚式場」として貸し出している。日本でも東京の「明治記念館」や「日本閣」のように、「芝生の庭」を目玉にしている結婚式場は多い。サッカーグランドの芝生は、眺めるだけなら痛まない。ゲームの無い日に、観客席を利用した屋外レストランを営業すれば、「眺める芝生」は大きな魅力となるはずだ。屋根があるので、多少の雨なら雨天営業も可能だろう。

 もう一つ、大きな可能性を感じるのは、「老人ホーム」と「幼稚園」の併設だ。実際にスイスのベルンのスタジアム(スイスとオーストリアの共同開催で実施した欧州選手権で開幕戦を行ったスタジアム)は、一方のゴール裏の建物を老人ホームとして活用している。5階に食堂があり、ここからは実はゲームが見えてしまう。無論、無料観戦だ。老人達はゲーム観戦を楽しみにしているが、楽しみにしているのは老人達にとどまらない。なぜかゲームデーには孫達が押し寄せる。子供達と触れ合うと老人の罹病率が下がることが実証されている。結果的にここの老人達は元気になる。

 老人ホームの反対側のゴール裏で「幼稚園」を開くのも検討に値するだろう。園児くらいの軽い人間が、スパイクを履かずに芝生を踏む分には、芝生はさして痛まない。痛むどころか、むしろ土に空気を入れることが出来、芝生の生育には良いはずだ。月曜から金曜の昼間、園児が裸足で芝生で遊ぶくらいでは、プロの興行にとっても何の支障にならないはず。「午前中の1時間、園児は肌足で芝生の上で遊んでいい」という「スタジアム幼稚園」には入園希望者が間違いなく殺到するだろう。足の裏の適度な刺激を受けた園児は、知的な発達も順調になるし、情緒的にも安定することが確認されている。

 「緊急時のシェルター」「平時の福祉施設」「週末のプロサッカー」「環境に良い自然エネルギー」という4つの重要なテーマをこなせるのであれば、公共的なインフラ整備費用が投入されてもいいだろう。これを「エコ・シェルター・スタジアム」として静岡県に整備することを政策としてあげた。(無論これは、静岡県以外でも有用なアイデアだと思う。

日時: 2013.09.27|